相手と相談しながら決めよう

婚約指輪はプロポーズ時にプレゼントする人が多く、男性が1人で購入する傾向が根強いです。なかには2人で探しに行くケースもありますが、婚約指輪はサプライズ的要素が詰まっているような気がします。誕生日やクリスマスなどのプレゼント用とは違い、もっと高価でゴージャスな物を選ぶものです。ですから、せっかく購入しても気に入ってもらえなかったらどうしようと悩む男性は多いです。

それなら、最初から彼女がリクエストする指輪を見つけて、購入するほうが失敗することはありません。サプライズ性はなくなってしまいますが、気に入らなくて放置されるよりはずっと良い結果になると思います。忘れてはいけないことは、指輪のサイズについての事で、彼女の指のサイズが分からないと困ります。

普段からそれとなく計りたいけれど、そんな機会はあまりないです。なので、一緒に店舗まで出向いて、サイズ計測だけでも行っておくと、その後に1人で購入することになっても心配なくなりますね。また、女性は妊娠や出産などで指がむくんでしまう事があるので、できればジャストサイズよりも、ひとつ大きめのサイズを選んだほうが間違いないと思います。ただのアクセサリーではなく、2人の絆を結ぶ大切な婚約、結婚指輪ですから、購入する時にはよく相談してみることをお勧めします。

安く抑えたいなら

名ブランドの店舗で購入したほうがカッコ良く感じますよね。でも、そういう場所では値下げをすることはあまりないし、スタッフに値段の相談を続けるのもマナーが悪いと思われがちです。婚約、結婚指輪を出来るだけ安い費用に抑える方法は、ネット通販で購入するのが最適です。大切な記念品をネットで購入するのは抵抗があるかもしれませんが、各種サービスが揃っていることもあり、店舗で購入するよりもお得な場合が多いのです。

1日に複数の店舗に探して回る時間や手間を省くことが出来るし、即日配達可能なお店も多いので、気に入った指輪があれば即買いするのもシンプルで良い方法だと思います。また、彼女が指定するブランドが決まっていなければ、ノーブランドでも質が高くて個性的なデザインの指輪が続々と登場しています。絶対にこのブランドが良いと言われていないのなら、20万円以下でも長持ちして傷みが少ない指輪を入手できます。

一般的に結婚式のオフシーズンとされている、真夏や真冬に挙式を挙げるのであれば、指輪の価格が下がることもありので見逃せない情報です。ネットの口コミでも、婚約・結婚指輪の評価が分かるので、どんな指輪が人気があるのかを細かく確認してみると良いと思います。

婚約指輪と結婚指輪の予算は違う?

婚約指輪の購入相場価格は30万円くらいで、驚いたことに、結婚指輪も同じくらいの費用で購入している人が増えています。これは、男性ならどう違うのか理解できていないことが原因で、区別が曖昧になっている証拠なのです。婚約指輪はプロポーズをする時にプレゼントする記念品で、結婚指輪はその後の生活で日常的に着用する指輪なのです。

立て爪のデザインの婚約指輪は華やかな印象を与えますが、カラット数が高い大きめのダイヤを使用している場合、衣服に引っかけやすくなるなど日常生活で着けるには心配な点もあります。ですから、服装やビジネスシーンで邪魔にならないような婚約指輪を選ぶのもいいでしょう。立て爪の場合、カラット数を下げるとダイヤモンドも小ぶりになるため、引っかける心配が減ります。また、その分予算も抑えられるでしょう。
その他に「パヴェ」「エタニティ」というデザインであれば、リングに宝石を埋め込むため、立て爪の婚約指輪よりも日常使いがしやすくなります。反面、ダイヤモンドの使用数が増えるため、場合によっては立て爪の指輪より予算が高くなることもあります。

さらに重要視したいところは、婚約指輪とちがって結婚指輪は、男性も薬指に付ける物です。彼女の意見を大切にしながらも、デザインがシンプルで、ビジネスシーンでも目立たないものを選ぶことがポイントです。今後何十年も使い続ける指輪として、ライフスタイルに合わせた耐久性などにこだわることが大切なのです。よりシンプルで品質の良い結婚指輪を選択することが大切です。それから、職種によって男性は結婚指輪を着けられないケースもあるので、婚約指輪よりも安い15~20万円くらいの物を選ぶことも多いです。

結婚指輪の予算

一生に一度の結婚で、まず考えるべきことは、婚約指輪を彼女に贈ることですよね。プロポーズの言葉と同時にタイミングよく、記念に残るような渡し方をしたいものです。では大事な婚約指輪の気になる予算はというと、一般的な相場では30万円~35万円くらいです。普通のサラリーマンの約1ヶ月分のお給料の値段に近いですが、ひと昔前なら3ヶ月分と言われていました。それよりも低予算で購入するのが最近の傾向なので、ホッと胸を撫でおろした男性も多いことでしょう。

それでも30万円といえばかなりの高額ですから、真剣にブランドやデザインにこだわりたいところです。それに、婚約指輪を渡して彼女が喜んでくれたとしましょう。お次は結婚指輪を購入するのが一般的な流れですから、予算についてはまだまだ課題が残っています。

男性からすれば、婚約指輪は彼女にプレゼントするものであって、購入しても自分で着用することは少ないかもしれません。だからこそ、たまたま宝石店に立ち寄った時に、販売スタッフから勧められた指輪を、安易に購入してしまうこともあります。プロポーズの時に手渡す大事な指輪ですから、彼女の好みや欲しがっているブランドの物を、事前にチェックしておくと失敗が少ないでしょう。

また、30万円というのはごく一般的な相場価格ですから、彼女に似合うと思える指輪なら、それより安い価格の物でも大丈夫です。女性からすれば、どんな婚約指輪であっても、時間をかけてわざわざ買いに行ってくれたと思えば、それだけでも愛情を感じるものなのです。